FC2ブログ
2019/04«│ 2019/05| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2019/06
文字サイズ文字サイズ:大文字サイズ:中文字サイズ:小
20:36:46
どうも、A-KUEです☆ ヾ(;´▽`A`
ついに平成最後の日となりました。
このサイトも早10年。
当初の作者様も大分少なくはなりましたが、願わくば新しい時代にも何かを残せれば、と思います。


さて、ローディネスですが、相変わらず可能な時間は必殺技の導入とテストプレイです。


190430_00.png
190430_01.png


いやはや、しかしMUGENも当時とは大分変わりましたねぃ。
DOSMUGENを現役で使っていた人が今はどれほどいるのやら・・・・。
ともあれ、時代の節目ではありますが、このサイトは何とか令和の時代も頑張っていこうかと思っています。
よろしければ応援のほど、よろしくです☆



☆以下は前回記事コメに対する返事


>>名無しさん
本当に子供は目が離せませんね。
同時に日々の成長に驚かされています。
制作には睡眠時間を削るしか現状方法はありませんが、
何とか頑張ろうかと思っています。
応援よろしくです!
スポンサーサイト
20:39:33
どうも、A-KUEですヽ(*^^*)ノ
今回はブログの更新に合わせてT-Kさん制作のキャラの更新も併せて更新しています。
是非そちらのDLもお願い致します☆

さて、キャラ制作ですが、ついに私が一番やりたかった超必用の演出を行っています☆
キャラ自体が3Dにて制作していますので、アークなどに代表されるアニメ的カットイン演出がクオルティは落ちますが導入可能なのです。
で、作った演出のスクショがこんな感じ☆


190321_04.png
190321_03.png
190321_02.png
190321_05.png
190321_06.png
関節の妙な線は実装時には画像処理で消しておきます ヾ(;´▽`A``


正直、この作業楽しすぎてヤバいですw
こういう演出がMUGENに導入可能なのを見越して制作を始めたのですが、いやはやいざどんなムービー演出も制作可能なのだとわかったら、それはそれでどんなものにしようか考えてしまいますねぃ。
だが、それが楽しいw
MMD凄いツールです☆
その他にも通常必殺技なども徐々に導入中(*^^*)ノ


190321_00.png
190321_01.png


もう、素晴らしく楽しいのですが、子育てを疎かにするわけにもいかず時間が少しずつしか取れない (;´Д`A ```
独身時代なら製作が止まらなくなるのでしょうが・・・・。
ともあれ、可能な限り頑張りますです☆
23:22:37
どうも、A-KUEです☆
最近はローディネス制作に心血を注ぎまくり中です。
全てが新しい試みなので、新鮮味が半端ないですねぃ☆
第一にモーションを作る際の自由度が凄まじいです。
作れば作るほどにそれを実感。
そして、センスの無さを痛感しますねぃw
ともあれ、モーション作りが非常に安易なので非常に楽しく作っています。
これが独身時代ならば、それこそ一気に作り切ったのでしょうが、子を持つ親としてはそうもいかない・・・。


190128_00.png
190128_01.png
190128_02.png
190128_03.png
徐々に導入なぅ


しかし、この解像度ヤバいです。
過去のドット時代とは雲泥の差ですねぃw


それはそうと、このサイトも何気に今年で10年目なんですね。
いやはや、月日が流れるのは早いです。
今年はそんな節目でもありますし、ローディネスの動画までは作ってしまいたい。


あと、以前にも記事にしましたが、このたびついにlifeendさんのサイトにてQAZさん制作のディアヌスAIが公開されました。
で、ありがたいことにQAZさんのお力でディアヌスに残っていたバグの多くが取り除かれています。
そのバグ対策をしたデータをディアヌスの本体にも反映させていただき、すでに修正版をアップしています。
よろしければ、再DLをお願い致します。
当然、是非QAZさんのAIも大変素晴らしいので、併せて使用していただくことを推奨します☆







☆以下は前回記事コメに対する返事
サイトの運営お疲れ様です。
ディアヌスの更新リンクも含めて確認させていただきましたです。
今後個人的にも利用させていただきたいと思っています。
頑張って下さい☆
08:01:13
どうも、A-KUEです☆
早いものでもう2018年も終わりですねぃ!
皆さん如何お過ごしでしょうか?


さて、しばらく前から記事にしていたMMDを使用したAKOFキャラの3D化ですが、ようやく形になりつつあります。
まずはMMDの方ですが、ようやく物理演算の壁を乗り越えキャラを作ることができました!


181231_01.png181231_00.png


アニメ化のシェーダー+その他を使用したら大分見た目もよくなったかと思います。
あと、今回3D化をするにあたって、ローディネスの服装も少々アレンジしました。
やはり3Dで素足の単色ワンピはあんまりですしねぃw
もちろん3Dなので、様々なポーズも思いのままです ヾ(;´▽`A``


181231_02.png


で、このような3Dモデルなので、MUGENに使用する際にはMUGEN1.1で実装されたフルカラーを使用しようかと思っています。
なので、従来のMUGENでは使用不可になってはしまいますねぃ。
が、アニメーションカットインを見据えてフルカラー使用はどうしても欲しいところ。
正直苦渋の決断ではあります (-"-;A ...


今回3DモデルをMUGENに使用するにあたって、色々と新たに導入することになって正直四苦八苦しました ヾ(;´▽`A``
時間の制約も厳しいので・・・・。
PMX・MMD MUGENの新エディター 等々
地味に面倒だったのが背景の透過ですねぃ。
MMDには背景透過の機能がないのです。
Photoshopを使用して一枚一枚背景を消してもいいのですが、作業量が死ねますw
試行錯誤した結果、背景を透過できないMMD画像の背景を違和感なくに消すために私は動画作成などにも使用しているaviutlのPNGプラグインを使用することにしました。
コレ、メチャメチャ楽ですw


181231_06.png
これが
181231_03.png
こんな感じに☆


しかし、本当に圧倒的解像度!
今まで地道にドットを打っていただけにできた際には感動しましたです (ノд-。)


で、ようやくMUGEN側への登録ですが、フルカラー登録には現状【Fighter Factory】しか対応していません。
なので、使い慣れたエディターを捨て、今回このエディターを導入しました。
しかし、フルカラー化ですが、私の調べ方が悪かったのか、あまり詳しく解説して下さっている方がおらずに導入にも少々てこずりました(汗
が、使ってみると大分使いやすいエディターですねぃ。
MCMなどとは比較にならないほどに多機能で、今後はフルカラーでないキャラでもこちらを使用するかもですw


181231_05.png


圧倒的でかさw
今回、試しに解像度を優先させてみたいので、キャラは大分大きいままで登録しています。
容量がとんでもないことになるかとは思いますが、しばらくはこのまま行こうかと ヾ(;´▽`A``


181231_04.png


なんやかんやありつつもMUGENにも問題なく表示できました!
ここまでくればもう大丈夫!!
MMD → MUGENへの導入までが可能なことが証明されたので、あとは今まで通り同じ作業を繰り返しながらキャラを作るだけです。
しかし、今までと違いドットを打つ必要がないのと思いのままに好きなモーションを作れるというのはデカい☆
これはオリジナルキャラを作っていた人間としては正直大きな可能性ですねぃ!


来年はいろんなことをしてみたいです!




☆以下は前回記事コメに対する返事





>>ジョンペンタリエさん
どうも初めまして。
まとめサイトですか。
いいですねぃ。
私のサイトはもちろんOKです。
よろしくお願い致します。


頑張って下さいねぃ。
06:35:01
どうも、A-KUEです☆
少し時間が空いてしまいましたが、ちょいちょい時間を見つけてはMMDに関して勉強してました。
しかし、現状まだまだ思い通りにいかないことも多く難航しています。
とは言え、元々の目的であるローディネスのモデルは何となくできました。


181112_02.png
181112_00.png
181112_01.png



割といい感じのモデルにはなったのではないでしょうか ヾ(;´▽`A`
しかし、現状物理演算が不十分でMMDの方で動かすと髪が荒ぶったりなんやかんや・・・。
まぁ、モデル配布は考えていないので、最低限のことができるようになったらモーション用の撮影に入ろうかとは考えています。
私も早くMUGEN上で動くところが見たいですしねぃ☆


あと、話は変わりますが、以前公開したディアヌス。
動画内でも言っていたようにボスモード等で不具合を残したままでした。
が、今回lifeendさんのサイトにてAIの公開をされているQAZさんにAI制作のお話を頂き、なんとその流れでQAZさんがディアヌスに残されたままだった不具合の解決に乗り出してくれていらっしゃいます ヾ(;´▽`A`
私としては、なんともありがた申し訳ないことしきりですが、ともあれ今後ディアヌスの不具合に関してはQAZさんのお力をお借りして、何かしらの更新があるかもです。
また、lifeendさんのサイトにて、QAZさん公開の素晴らしいAIがすでに多く公開されていますので、是非皆さんも使用して下さい!
QAZさんの力でディアヌスにどのようなAIが入るのか、私も激しく注目しています☆
プロフィール

A-KUE

Author:A-KUE
ようこそ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード